ライオンズクラブについて

ライオンズクラブは、1917年メルビン・ジョーンズによってシカゴで誕生しました。
メルビン・ジョーンズは、少人数の集会をしているうちに、社会のためになにか有益な団体になることはできないか。と考え、人々に呼びかけて社会奉仕団体を作りました。それがライオンズクラブの始まりとなりました。
今では、全世界202カ国に130万人の会員が活躍しています。

日本のライオンズクラブは、1951年、東京ライオンズクラブが誕生したのが最初です。
現在では、3383クラブ、11万6千人会員が奉仕活動に汗を流しています。

私たちは、以上のような活動をして、社会奉仕活動を行っています。世間の人々とのかかわりによって、大勢の人々にお世話になっていることを感じながら活動しています。

しかし、一人の力は弱いものです。「仲間の輪広げたい」と思っています。
「奉仕活動を行っているという使命感」を共に感じ、人のつながりの輪を広げませんか。

ボランティア団体はたくさんありますが、全世界を対象にした、又、はば広い奉仕活動を行えるのが、ライオンズクラブのすばらしいところです。私たちの活動によって喜んでいただいている人々がいます。友達をたくさん作って、地域社会の役にたてる活動を、一緒に実行しましょう。必ず自分自身にとって、ベターな生活ができると思っています。

【Lions Clubs International ライオンズクラブインターナショナル日本語版】
http://www.lionsclubs.org/JA/index.php

このページの先頭へ

会員の義務

ライオンズクラブの会員には、次の三つの義務があります。

  1. 会費を納入する義務
  2. 例会に出席する義務
  3. クラブが行う諸行事へ参加する義務

このページの先頭へ